美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

健康

赤ちゃんが欲しい!妊娠しやすい身体づくりを意識した生活を

投稿日:2016年10月27日 更新日:

適度にストレスを発散する

女性は、ストレスが溜まってしまうと女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
脳の「視床下部」という部分は、女性ホルモンを分泌しなさいと指令を出していますが、この部分、実はストレスにとっても弱いのです。
ですから、特に女性は過度なストレスを受けることで、視床部分が指令をうまく出せずに、ホルモンバランスが狂ってしまいます。

疲労がたまった身体、睡眠不足といったことが身体にストレスを与えるのはもちろん、職場などの人間関係などの精神的ストレスなど、日常生活にストレスは沢山潜んでいます。
出来るだけ意識して、リラックスして興奮した神経を落ち着かせましょう。

睡眠をしっかり摂る

私達は、眠っている間に妊娠と関係しているホルモンが活発に働いています。
眠っている間に活発に活動するホルモンといえば「成長ホルモン」ですが、この成長ホルモンは、女性ホルモンの分泌に影響しています。

睡眠不足になった身体は、女性ホルモンの分泌が減ってしまいますから、夜型生活になりがちな人は、規則正しい生活にリズムを戻すよう意識して、出来るだけ睡眠を摂るようにしましょう。
出来るだけ、日付が変わるまでの時間に眠るのが理想です。

喫煙者は禁煙しましょう

妊活をする場合、たばこも禁物です。
たばこの煙は、血管を収縮させて身体に冷えを招きます。
身体の冷えは、女性にとっては天敵。
卵巣や子宮にも影響を与えて、人によっては生理不順を招くことも。

ご自身で喫煙する場合はもちろん、パートナーや周囲に喫煙者がいる場合は、受動喫煙にも注意をしましょう。
妊娠を望む女性で喫煙中の人は、禁煙を心がけてください。

お酒を飲むのを我慢してみる

アルコールは、血行を悪くしてしまいます。
妊娠にも当然、悪影響を及ぼす可能性があるほか、特に妊娠に気付かずにアルコールを過剰に摂取してしまうことで赤ちゃんに悪影響を及ぼしますから、妊活中の女性はアルコールを控えてください。

冷えを解消してポカポカに

男性と比べて、女性は身体の筋肉が少なく脂肪が多い身体です。
血圧も低く、血管も細いので冷え性になりやすい身体環境ですが、身体の冷えは、様々な不調を齎します。
身体の器官の働きを阻害してしまうこともあるため、妊娠を望む女性は、身体を温めましょう。

妊活中の女性は、首、手首、足首など、大きな血管が通っている部分にストールを巻いたり、靴下を履いて温めたり、厚着をして背中や腰を温めるなど、身体を冷やさないようにしましょう。

また、夏でもできるだけ毎日湯船に浸かって身体全体をじんわり温めてあげるだけでも随分と違ってきます。

適度な運動も忘れずに!

身体の冷えは、血行不良やストレスを解消してくれます。
激しい運動は、身体に疲労を招いたり精神的に返ってストレスになってしまうこともあるので、ウォーキングなど身体に負担の掛からない軽い運動が効果的です。

栄養バランスのいい食事を心がけましょう

過剰なダイエットや食べ過ぎは、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れは、生殖機能にも悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますから、結果として妊娠しにくい身体になることも。
食事の量を腹八分にして、野菜中心のバランスのいいメニューを意識してください。

野菜を食べる場合も、サラダよりも温野菜にして身体の中から温めるのもいいですね。
温野菜は、野菜の味が濃く美味しく感じます。

-健康

Copyright© 美人生活 , 2017 AllRights Reserved.