美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

健康

男の子が欲しい!男の子の赤ちゃんの産み分け方法

投稿日:2016年10月27日 更新日:

排卵日の直前にエッチをする

男の子が出来やすいといわれている「Y精子」は、酸性に弱いという弱点があります。
女性の膣内は、元々酸性に保たれていますが、排卵日の直前になると膣内はアルカリ性に傾きます。
このタイミングでエッチをすることで、男の子が出来やすい環境になるといわれています。
ですから、排卵日の直前または当日にエッチを行うのがチャンスといえます。

女性が気持ちいいと感じられるエッチを意識する

女性が性的に刺激を受けてオーガズムに達すると、子宮頚管粘膜が多く分泌されるようになります。
子宮頚管粘液はアルカリ性なので、酸性に保たれている膣内が中和され、アルカリ性に傾きます。

女性が気持ちいいと感じるエッチを意識してみましょう。
そのようなエッチをすることで、気持ち的にも満たされます。

男性器は出来るだけ奥まで挿入する

女性の膣内は、酸性に保たれていますから、その環境に出来るだけY精子が触れないよう、男性器は出来るだけ奥まで挿入して射精するように意識してみましょう。

女性の膣内は酸性の状態でも、子宮内はアルカリ性になっているので、奥まで挿入して射精するのと、手前で射精するのとでは、Y精子の移動距離に違いがあります。
出来るだけ子宮に近い場所で射精できるよう、男性器を出来るだけ奥まで挿入して射精することを意識してみましょう。

男性のパートナーに禁欲生活をしてもらう

男の子の産み分けに必要な精子は、Y精子です。
男性の精子の割合は、女の子の産み分けに必要なX精子に対して、Y精子の割合の方が少ないです。

ですから、男性は、エッチをする3~5日間は禁欲してみましょう。
禁欲することで、精子量が増えるので、その状態でエッチをして奥の方まで挿入して射精することを意識してみましょう。

とはいえ、精子の量が増えるといっても、長期間の禁欲生活は逆効果。
禁欲生活は、長すぎると精子の受精能力が低下してしまいます。
長くても5日程度に留めておきましょう。

男の子用の潤滑ゼリーを使う

女性の膣内の環境には、個人差があります。
基本的には酸性に保たれてはいるものの、その酸性の状態が強い人もいれば、オーガズムを感じにくく、子宮頚管粘液があまり出ないなど、同じ女性でも身体に個人差があります。

ですから、膣内の酸性をアルカリ性に調節できるよう、男の子用の潤滑ゼリーを使ってみるのもいいでしょう。

リンカルを飲む

産み分けゼリーは、手軽で使用しやすいですが、併用してリンカル(リン酸カルシウム)を服用してみるのもいいでしょう。

リンカルを服用してから子作り・出産をした場合、男の子の確率が高いのを理由に、リンカルが男の子の産み分けとして利用されるようになったそうです。
今のところ、医学的な根拠はないようですが、参考にしてみるのもいいでしょう。

-健康

Copyright© 美人生活 , 2017 AllRights Reserved.