美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

健康

なかなか腰痛が治らない・・・腰痛のホントの原因は?

投稿日:

腰痛は、姿勢が悪いことが原因であるとして、姿勢を正すことで治ると考えている人も少なくないようですが、もちろん、姿勢もその原因のひとつではあるものの、実は他にも原因があります。

腰痛の原因が特定できるのは15%程度

実は、腰痛は「コレが原因で腰痛が起きている」というはっきりと特定できる原因というのは、全体の15%程度というのをご存知でしょうか。

椎間板ヘルニア、腰の骨の圧迫骨折、そして内臓の病気が影響している腰痛といったものを原因として特定できるものの、それ以外は、ハッキリした原因がわかりません。

もし、今ある腰痛が慢性的なものである場合、骨の異常、内臓の病気などがないか、整形外科や内科を受診してみてください。

整形外科や内科を受診しても痛みが続く場合は、骨の歪み、筋肉が固まって硬直しているなどの原因も考えられるため、整骨院、接骨院といったところで、骨の歪みがないか、筋肉の状態はどうかを診てもらいましょう。

腰に負担が掛からない姿勢を保つ

私達の身体の骨は、横から見たときに背骨が自然なS字になります。
この姿勢を保つことで、左右均等に体重が掛かるため、腰に負担が掛かりません。

背骨は、まっすぐなS字カーブなので、この形が崩れることで、左右どちらかに体重が掛かってしまい、背骨や骨盤、そして筋肉に負担が掛かり、やがて痛みを生じます。

動けないほど痛みが強い場合は

応急処置として、ご自身が一番楽だと感じる姿勢をとりましょう。
床に直接寝転がるのは避けて、ベッドや布団に横になってください。

ただし、腰が反って負担が掛かってしまうため、出来るだけ横向きで寝てください。

左右どちらかの腰が痛む場合は、痛みがある方を上にします。
膝を曲げて身体を丸くした体勢は、腰の痛みが少し和らぎます。

座るときは、背もたれの近くにお尻を置いて、腰に無理のない程度に姿勢を伸ばして座ってください。
このとき、腰が反らないように気をつけましょう。

歩くときは

腰の痛みがひどい場合は、「腰が伸びにくく前かがみになりやすい」ので、無理に背筋を伸ばして歩こうとせず、楽だと感じる姿勢でいましょう。

無理に自力で歩かずに、壁をつたって歩いたり、手すりにつかまるなどしてゆっくり歩いてください。

また、腹筋に力を入れて歩くと、腰への負担が軽減されるので、腰の痛みが軽くなることがあります。

-健康

Copyright© 美人生活 , 2018 AllRights Reserved.