美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

健康

たまねぎに安眠効果があるって本当?

投稿日:

普段のお料理で日常的に使う野菜のひとつである「たまねぎ」ですが、実はこのたまねぎには、安眠効果があるのをご存知でしょうか。
ここでは、たまねぎの持つ意外な効果についてお話していきます。

たまねぎの安眠効果

たまねぎは、脳の緊張をほぐす作用があるといわれています。
生たまねぎには辛味があり、これが苦手で生のたまねぎは食べられないという人も少なくないようですが、この辛味は、硫化アリルという成分によるもので、

血行促進
脳神経への鎮静作用
ストレスの緩和
気持ちを穏やかにする

などの鎮静作用があります。
たまねぎは、硫化アリルのほかに、グルコキニンという成分も含まれており、このグルコキニンが、高ぶった神経を穏やかに沈めてくれる作用があり、これが安眠をもたらしてくれるといわれています。

実は民間療法に利用されていたたまねぎ

たまねぎは、今ではカレーやスープに入れたり、サラダ、ドレッシング、炒め物など、ありとあらゆるお料理に欠かせない食材となっていますが、実は海外では、たまねぎが古くから民間療法に利用されてきました。

実際に、寝つきの悪い人の枕元に、カットしたたまねぎを置いたところ、普段よりもスムーズに寝入ることが出来るのだとか。
とはいえ、大量に置いてしまうとたまねぎの独特の匂いが強すぎるせいで、返って目が冴えてしまうので、たまねぎ1個を半分にカットしたものを枕に近い場所に置くといいようです。

枕の真横に置くのではなく、ベッドサイドのテーブルや、ベッドの構造上、頭の上に高さのある段差がある場合は、そこに置くのが効果的です。

咳で眠れない人にも!

たまねぎの硫化アリルは、神経を沈める効果はもちろん、咳を沈静化させる嬉しい効果も持っています!
咳風邪をひいてしまった人の枕元にカットしたたまねぎを置くといった咳止め方法もあります。

たまねぎ1個を半分または四等分にカットしたものを枕のそばに置くだけで、硫化アリルの作用で、咳を沈めて穏やかな眠りを誘います。
実際に、夜眠っているときに咳が出て起きてしまう、夜になると咳が出てなかなか眠れないという人は、試してみる価値アリです!

-健康

Copyright© 美人生活 , 2017 AllRights Reserved.