美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

健康

睡眠で寿命に影響が!?寝すぎは体に悪影響を及ぼします

投稿日:

趣味睡眠!!ってほど寝るのが好きです。小さいときは寝たらもったいないって思ってたんですけど、大人になるにつれて寝るの大好きになっちゃいました。ところがこの睡眠、あまりとりすぎると体に悪いのだそうです。今日は睡眠についてお話します。

1980年アメリカでの調査で、1日に6~7時間の睡眠をとっている人は一番死亡率が低く、それ以上やそれ以下の睡眠時間の人は死亡率があがるという発表をしました。特に8時間以上の睡眠をとっている人は7時間睡眠の人より、なんと死亡率が20%もアップしたんだとか。

寝すぎるとどんな悪影響がおきるか

・アルツハイマーになりやすくなる…寝すぎると思考が停止している状態が長くなるため脳が老化し、アルツハイマーのリスクがあがります。

糖尿病にかかりやすくなる…睡眠時間が6時間未満と8時間以上の人に血液検査をしたところ、糖尿病を診断する時の数値が高くなることが判明しました。つまり、寝すぎると糖尿病などの生活習慣病のリスクがあがってしまうのです。

太りやすくなる…成長ホルモンの分泌が乱れるので、中性脂肪が分解されず、太りやすくなります。睡眠時間6~8時間の人が最も中性脂肪が低いのだそうです。

老化現象が早まる…良質な睡眠のためにはメラトニンが必要です。メラトニンは脳内ホルモンの一種なのですが、この分泌が乱れると活性酸素を除去する作用が低くなるため、細胞がダメージを受けやすくなります。抗酸化作用もあるホルモンですので、老化が早まってしまう原因にもなります。

体内時計が狂う…普段は、レム睡眠とノンレム睡眠が交代に起きているのですが、このバランスがくずれやすくなります。

レム睡眠とノンレム睡眠

人はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

レム睡眠は、体は休んでいますが脳はまだ起きている状態です。このときは、自律神経が不安定なので、心拍・呼吸・血圧などが不規則に変化します。人間はレム睡眠のときに夢を見るといわれています。
ノンレム睡眠は、体も脳も深く眠っている状態です。日中ダメージを受けた脳や筋肉がこのとき修復されています。

この2種類の睡眠が交互に起こっているのですが、寝すぎて体内時計が狂うとレム睡眠だけが長くなったり、逆にノンレム睡眠だけが長くなるなどの現象が起こります。そうすると、脳や筋肉がきちんと休むことができずに、余計に体を疲れさせてしまうのです。

よく、寝すぎて体がだるいとか、頭が痛くなるときがありますが、それはレム睡眠とノンレム睡眠のバランスが悪くなるためにおこっていることなのです。

最後に

睡眠は人間が生きていくうえで大きな役割を持っているんですね~。寝るのは気持ちいいですが、やはり寝すぎは体によくない!もしかすると寿命が短くなる原因になってしまうかもしれません。睡眠時間のサイクルはいつも変わらないように心がけましょう。

-健康
-, , ,

Copyright© 美人生活 , 2018 AllRights Reserved.