美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

健康

簡単に幸福体質になれる。セロトニンの効果

投稿日:

特に嫌なこともないのになぜか落ち込む。気分があがらない。なにごともやる気がでない。そんな症状はセロトニン不足からきているかもしれません。今日は、幸せ体質になれるセロトニンについてお話したいと思います。

セロトニンについて

セロトニンは脳内にある神経伝達物質で、精神を安定させてくれる物質です。人間は興奮すると、ノルアドレナリンやドーパミンという物質を出しますが、これを抑え気持ちを落ち着かせてくれる役割をします。セロトニンが不足すると、怒りやすくなったり、気分が落ち込みやすくなったりしてしまうのです。うつ病の人は、このセロトニンが不足している傾向にあるといわれます。

セロトニンの効果

・ストレスに強くなる
・快眠できる
・常に幸福感に包まれる
・朝から活発に動くことができる
・いつになっても若々しくいられる
・病気になりにくい

ちょっとあげただけでもこれだけの効果があります。
では、セロトニンを増やすにはどうしたらいいのでしょうか。

セロトニンを増やす方法


一番効果的なのは朝日を浴びるということです。セロトニンは夜は作られませんが、朝日に刺激され活発に働き始めます。

リズム運動をする。
リズム運動とは、同じ動きを同じテンポですること。例えば、ウォーキングや踏み台昇降。ガムを噛むといったことも含まれます。15分ほどテンポ良く運動することでセロトニンが作られてきます。

深呼吸する。
深呼吸といっても、ただ大きく吸って吐くだけではありません。お腹を膨らませるように息を吸い、ゆっくりと吐きます。吸った時間の倍くらいの時間をかけて吐きましょう。酸素を大量に取り込むことでセロトニンが精製され、さらに深呼吸というリズム運動でもセロトニンが作られるので、この方法は一石二鳥ですね。

最後に

以前一人暮らしを始めたとき、ウキウキで夜も眠れないくらい楽しんでいたのに、2週間ほどするとなぜか気分がひどく落ち込むようになり、まったくやる気がでなくなってしまったことがありました。それから1ヶ月以上そんな状態が続き、なんだか仕事も辞めたくなってしまったのです。ある日落ち込みすぎて、カーテンを開けて星を眺めていたんですね。この時点でかなり重症です私(笑)そしてそのまま眠ってしまったのです。朝、まぶしくて目が覚めたのですが、なんだかいつもより元気がある!!と、感じて、久しぶりに爽快感を感じることができたのです。これもセロトニンの効果だったんでしょうね。実家の私の部屋は、オレンジのカーテンで、天窓もあり、いつでも太陽の光を浴びている状態でした。しかし、一人暮らしの部屋のカーテンは全く日光を通さない分厚いもので、いつも薄暗かったのです。それ以来毎日カーテンを開けて寝るようにし、朝になればおのずと朝日を浴びるようにしたら、驚くほど元気が出てきて、あっという間に今まで感じていた精神面の不調が解消されたのです。

現代の日本人は、夜型の生活になりがちで、朝食を抜き、さらに運動もしないという、セロトニンが全く作られないような生活をしている人が多くいます。そんな生活を続けていては、心身ともに悪影響を与えかねません。カーテンを開けて日光を浴びるだけで元気になれるのですから、生活習慣を少し見直し、楽しく幸福感を感じることができるような毎日を送ってみてはいかがでしょうか。

-健康
-, ,

Copyright© 美人生活 , 2017 AllRights Reserved.