美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

ダイエット

食べ方を変えるだけで?太りにくい食べ方とは

投稿日:

食事を食べたら食べた分だけ太る・・・という人がいますが、これまでの食べ方を変えるだけで、ダイエットが成功するかもしれません。
遅い時間に食事を摂っているのに太らない人もいますが、どうやら食べ方に違いがあるようです。

食べ方がコントロール出来ない

社会人になると、会社の人との付き合いや、不規則な生活になってしまい夜遅い時間に食事を摂る機会も増えてきますが、それでも太らない人がいます。
女性の場合、カロリーを気にしていても「遅い時間に食べるから全然痩せないんだよー」と言う人もいますが、実際にその食生活を送っていても痩せている人は痩せています。

特に女性は、ボディラインや体重を気にしがちですから、食べ過ぎてしまうことで食べた後に後悔したり、無理なダイエットをしてリバウンド・・・なんてことも。
ダイエットに成功しない人は、神経質に考えすぎてしまっていることが多くあります。

毎日遅い時間に高カロリーのものを食べてしまえば、もちろん肥満に繋がりますが、そうではないのなら、翌日の食事をカロリー制限してみましょう。
「当たり前のこと」と思うかもしれませんが、よく食べてしまう人は、たかだか「翌日のカロリー制限」が意外と出来ていないのです。

「食べすぎ」を続けない

1日の摂取カロリーは、男性・女性と決まっていますが、この摂取カロリーに惑わされすぎてしまうと、カロリー制限がなかなかうまくいきません。
「この日に食べ過ぎたから翌日はカロリー制限を。」といったことが上手に出来る人なら何も難しいことはないですが、これがなかなか出来ない人は、数字を神経質に捉えすぎかもしれません。

食べ過ぎてしまったら翌日は節制する・・・とはいっても、朝食や昼食を抜いてしまうと、身体が脂肪を溜め込もうとして身体が太りやすくなったりむくみが出やすくなってしまいますから、栄養バランスが取れた低カロリーのものを摂るように意識してみましょう。

朝食は、食物繊維が豊富な生野菜のサラダと高たんぱく低カロリーのギリシャヨーグルトといった組み合わせで、昼食は好きなものを食べる、そして晩ご飯は朝食同様に、栄養バランスのいい低カロリーの食事を摂りましょう。

自炊できる人は普段から調理法方を変える

自炊ができる人で、お肉が好きでどうしても食べたい!という場合は、お肉をフライパンで焼くのではなく、茹でたり余分な脂が落ちるよう魚焼きグリルを使ってお肉を焼くなど、カロリーカットを意識するとともに、生野菜サラダや豆腐などの大豆製品を摂ることも意識してみましょう。

もし、食事を食べ過ぎてしまっても、それがすぐに脂肪に変わってしまうということではありませんから、普段の食事を気をつけると共に、食べ過ぎた翌日は何を食べるのかを予め決めておくのもいいでしょう。

ストレスは肥満の原因に・・・

もし、糖分を摂りすぎてしまっても、ブドウ糖に分解されて肝臓や筋肉に貯蓄されます。
これは、必要なときにエネルギーとして消費されますから、すぐに脂肪にはならないものの、毎日食べすぎてしまうと、蓄積しきれなかった分の余った糖分が脂肪となり肥満になります。

結論から言うと、1日食べ過ぎたくらいで「すぐ太る」ということは、ありません。毎日太る食生活を送っていれば、肥満はもちろん、動脈硬化などの生活習慣病へと発展していく可能性もありますが、1日食べ過ぎたくらいでは、すぐ太ってしまう・・・と焦る心配は、ありません。

もし、今日は食べてしまう日だなと思ったら、好きなものを食べましょう。
太る太ると思いながら食べてしまうと、せっかくの食事が楽しめないのはもちろん、それ自体がストレスになってしまい太りやすい体質になってしまうかもしれません。

毎日2回体重を測る

理想的なのは、栄養バランスの整った食事と適度な運動を毎日心がけることですが、特に忙しい人ではそうはいきません。
なかなか運動をする機会がない人や、不規則な生活になりがちな人は、毎日体重計に乗ってみましょう。

もう何ヶ月も体重計に乗っていないという人なら尚更です。
ご自身が想像していた体重より随分重い・・・なんてこともありますから、まずは今ご自身がどの程度体重があるのかを知りましょう。

体重計は、ご自身がいつ測るか決めてOKです。
起床後・就寝前、朝食後・夕食後、出勤前・帰宅後など、決まった時間に乗るようにしてください。

-ダイエット

Copyright© 美人生活 , 2018 AllRights Reserved.