美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

ダイエット 美容

朝食をスムージーに置き換えて効果的にしっかりダイエット

投稿日:

食物繊維の量を意識する

腸内環境を整えるのに効果的な食物繊維。
この食物繊維は、カロリーがほとんどありません。
ですが、繊維が豊富なため、消化に時間が掛かるので腹持ちがいいという嬉しい効果もあります。
食事の前に食物繊維が豊富な生野菜などを食べることで、食事の食べ過ぎを防止することも出来ます。

スムージーは、栄養満点で消化にも負担が掛からないので朝食にお薦めですが、食物繊維が少ないという点があります。
食物繊維は、腸内環境の改善に効果がありますから、そういった意味では、スムージーだけではすぐにお腹が空いてしまいます。
朝食にスムージーを摂ったのにすぐお腹が空いてしまえば、自然と昼食の量が多くなってしまいますね。
これでは、意味がありません。
そのように「次の食事を食べ過ぎてしまわない」ように、スムージーにも食物繊維を取り入れましょう。

食物繊維をプラスするなら果物を

果物には、食物繊維が豊富なものも多くあります。
スムージーといえば、味を意識してバナナを使用する人が多いのですが、バナナにはそこまで食物繊維は含まれてはいません。
ブルーベリーなどのベリー系の果物、キウイ、梨、アボカドといった食物繊維が豊富に含まれているフルーツを使うことで、食物繊維を摂ることが出来ます。
また、ほうれん草の2倍の食物繊維が含まれているケールが手に入る場合は、ぜひ使用してください。
手に入らない場合は、ほうれん草、モロヘイヤといった野菜でもいいですね。

果物の摂りすぎは肥満に繋がる

果物は、食物繊維の他に栄養もあり、スムージーに入れることで味に甘さや風味もプラスされますから、つい沢山入れてしまいがちですが、果物も果糖ですから、摂りすぎてしまうことでカロリーオーバーになってしまいます。
果物の果糖は、確かにスムージーに甘味や風味を加えてはくれるものの、体内に取り込むとすぐにエネルギーに代わるため、腹持ちが悪いこと、そして血糖値も上昇させてしまいやすいことから、人によってはスムージーを飲んで1時間ほどでお腹が空いてしまうといった場合もあります。

食物繊維が豊富であれば、腹持ちもいいのですが、だからといって果物を入れ過ぎてしまえばカロリーを多く摂ってしまうことになりますから、スムージーを作る場合は、1回に果物は2種類までにしておくといいでしょう。

アミノ酸に分解されるタンパク質を

スムージーといえば、ビタミンや繊維などを意識している人は多いけど、実はタンパク質についてはつい見落としてしまいがちです。
タンパク質というのは、摂取するとアミノ酸に分解されます。
アミノ酸に分解されると、私達の身体の中の細胞を修復したり、新しい細胞を作る役割をしてくれるといった働きをしてくれます。

タンパク質は、糖質・脂肪と比較した場合、消化吸収に時間を必要としますから、消化にエネルギーを使う分、代謝を高めることが出来ます。
細胞の修復などにまで回らなかったアミノ酸は、糖質・脂肪をエネルギーに変えやすくしてくれる嬉しい効果もあります。

タンパク質は入れない方がいいの?

グリーンスムージーを作る場合、タンパク質を加えてしまうことで、果物などのビタミン・ミネラルなどの栄養素の吸収を妨げてしまう場合があるからタンパク質は入れないでという話を聞いたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、美容を目的としたグリーンスムージーの場合は、タンパク質は加えない方がいいかもしれませんが、ダイエットや新陳代謝アップを目的としたグリーンスムージーの場合は、タンパク質は積極的に摂取したい栄養素なので、摂りすぎない程度(1食10g程度)のタンパク質摂取は必要です。

-ダイエット, 美容

Copyright© 美人生活 , 2019 AllRights Reserved.