美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

ダイエット

デトックスダイエットに効果的な「白湯ダイエット」ってどんなダイエット?

投稿日:

白湯ダイエットは痩せるって本当?

白湯ダイエットという言葉、女性なら聞いたことがある人も多いと思いますが、これは、その名前のままのダイエット。
毎日、白湯を飲むことで、痩せやすい身体作りをすることを目的としたダイエット方法です。
特別な準備をする手間やコストも必要なく、ただ白湯を飲むだけなのに、どうして痩せるのでしょうか。

老廃物を排出させやすくなる

白湯を飲むと、内臓機能が温められます。
内臓が温まると、内臓機能が活発になるので、消化を助けてくれます。
消化を助けてくれるということは、それだけ消化に負担が掛からない・消化しやすいということですから、結果として体内に溜まっている老廃物を体外へ排出する効果をアップさせることが出来るのです。
身体に溜まった老廃物を排出させることが出来れば、肝臓、腎臓などの機能も活発化させることが出来るので、身体の中を健やかに保つことが出来るようになるのです。

また、血液循環がよくなること、リンパの流れがよくなることから、身体の中にある余分な水分をおしっことして体外に排出してくれます。
体内の不要な水分をきちんと身体の外へ排出させることが出来れば、むくみ解消に繋がり、便秘解消にも効果があるので、体重が気になる女性にもお薦めです。

脂肪燃焼効果がアップする

白湯を飲むと、胃腸を温めることが出来ます。
身体の中を温めることが出来ますから、白湯を飲むとすぐに、身体の血行がよくなります。
体内温度が1度アップすることで、基礎代謝が10%程度アップさせることが出来ますから、こうおすることで、脂肪燃焼効果をアップさせることが出来て、その結果、痩せやすい身体作りをすることが出来るのです。

どんなタイミングで飲めばいいの?

朝目が覚めたら、まず白湯を1杯飲むのがお薦めです。
寝起きの段階では、暖かい布団で眠っていても内臓は冷えていることが多いので、まず寝起きに白湯を1杯飲みましょう。
ぐいっと一気に飲んでしまうのではなく、時間に余裕を持って5~10分くらいは目を覚ます意味も込めてゆっくり飲みます。

朝の白湯は、冷えた胃腸を温めることが出来るので、消化機能を活発化させることが出来ます。
朝食の30分前を目安に朝の白湯を飲むといいでしょう。
また、毎回の食事に1杯ずつ白湯を飲むのもお薦めです。
このときも、少しずつゆっくりと白湯を飲むといいでしょう。
食事は、温かい飲み物と一緒に飲むことで消化の手助けをしてくれますから、ダイエットだけでなく日頃から健康維持に気を遣っている人にもお薦めです。

どんな水でもいいの?

白湯を作る場合、普段から飲んでいるお水を使っていいでしょう。
冷房が効きすぎた環境にいることが多い人、寒い冬も身体を冷やしたくないという人など、季節を問わずお薦めしたいダイエット方法です。

また、白湯は毎日飲んでいることで、徐々に体内の老廃物が体外へと排出されていきますが、老廃物が排出されているのが実感できるサインがあります。
それは、「段々と白湯に甘さを感じるようになる」ということです。
白湯を飲みなれている人は少ないと思いますから、最初は美味しくないと感じることも多いですが、毎日続けていくうちに段々と白湯が美味しく感じられるようになってきます。
毎回の食事と一緒に飲むのも効果的なので、マイボトルに入れて職場などに持っていくのもいいですね。

白湯ダイエットは、身体を温めて老廃物を排出することを目的としたダイエットなので、痩せやすい身体作りを目指したい人に、特にお薦めです。
早い人なら、続けて1週間程度でその効果を感じ始めるのではないでしょうか。
冷え性に悩んでいる人、便秘がちな人、身体のむくみを改善したいと考えている人は、白湯ダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

白湯ダイエットのポイント

白湯は、体温に近い温度なので、吸収率がいいです。
ですから、いくらダイエットに効果的だからといって白湯を飲み過ぎてしまえば、むくみに繋がってしまいます。
また、返って身体を冷やしてしまうことも。
食事中に水分を摂りすぎてしまうことで、必要な栄養素も体外へ排出してしまうといった話もあるようですから、飲み過ぎは禁物です。

白湯は、1日800~1,000ml程度に留めておきましょう。
毎回の食事ごとに一気に飲むのではなく、食事と一緒にゆっくり飲みましょう。

白湯の温度はどれくらい?

白湯の温度は、ひと肌より少し熱めの50度程度が理想的です。
あまり冷ましてしまうと、デトックス効果が落ちてしまいます。
少し熱いけどフーフーとしながらなら飲める温度まで冷ましてから飲みましょう。
温かさを意識するのもいいですが、熱すぎてしまうと口の中をやけどしてしまうこともあるかもしれません。

白湯は50度程度の温度のものを飲みましょう。

-ダイエット

Copyright© 美人生活 , 2019 AllRights Reserved.