美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

コスメ

化粧品は温めて使う!温めて使うと効果的な化粧品とは

投稿日:

化粧水や乳液、美容液といったものは、手の体温で温めてから使うとお肌に浸透しやすいということで、手で温めながら使う人もいますが、中には冷え性が悩みで手が冷たい・・・という女子もいます。
そんな人にお勧めなのが、電子レンジなどを使って化粧水などの基礎化粧品を温めて使う方法です。

温めて使うと効果的な化粧品

実は温めて使うと効果的な化粧品は、

クレンジング
シートパック
化粧水
ボディクリーム
マスカラ

です。
これらひとつひとつを紹介していきます。

クレンジング

女子にとって欠かせない毎日のクレンジングも、温めてから使うことで、毛穴に詰まった皮脂汚れなどを綺麗に落としやすくします。
お肌の表面は、32度程度の体温がありますが、これと同じもしくはそれよりもう少し高い温度でクレンジングを行うと、汚れがきちんと落ちます。
反対に、32度よりも低い温度のクレンジングを使うと、皮脂汚れなどをしっかりオフしきれません。

クレンジングは、バスタイムに行う場合が多いので、手のひらに出して、手のひらの熱を利用して温めてからお顔に使用しますが、手が冷えている場合は、クレンジングをパッケージのままお風呂のお湯(洗面器などに入れて)に少し浸けておくのもいいでしょう。
この場合、クレンジングの蓋はしっかり閉めて、中にお湯が入ってしまわないように注意してください。

シートパックはお風呂で使う

シートパックで毎日保湿ケアをしている人もいますが、このシートパックは、お風呂で使うのがとても効果的です。
入浴中は、毛穴が開いていますからシートパックの美容成分がお肌に浸透しやすくなるのはもちろん、お風呂でシートパックが温まっているので、浸透率がアップします。
1回分ずつ小分けになっているものであれば、クレンジング中などはそのまま湯船に放り込んでおくのもいいでしょう。

化粧水やボディクリームはレンジでチン

化粧水は、冷たいとお肌を引き締めてくれますから、半身浴などの入浴後に使う場合は、冷たい方が毛穴をキュッと引き締めてくれるのでいいのですが、そうでない場合は、電子レンジを使って温めるのがお勧め。
ボディクリームも同様に、電子レンジで温めて使いますが、いずれも10秒程度のレンチンで十分です。

加熱しすぎてしまうと、美容成分が破壊されてしまい、基礎化粧品としての役割が果たせなくなります。
目安は「人肌程度」です。

マスカラをお湯で温める

寒い季節は、残りが段々少なくなってくるとマスカラが特に硬くなってきてしまいますが、このような場合は、カップなどにお湯を張り、マスカラの蓋をしっかり閉めたか確認したら、マスカラスティックが下1/3~半分程度浸かる程度に浸けて温めます。

こうすることで、マスカラ液が温まって緩くなるので、まつげに塗りやすくなりますが、これでも固いままの場合は、残りが少ない合図なので、買い替え時期です。

-コスメ

Copyright© 美人生活 , 2018 AllRights Reserved.