美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

シミが消えちゃう!?万能な馬油の効果

bayu01_mukouryou

馬油って知ってますか?字の通り、馬の油です。よくおばあちゃんちとかに行くとあったりしますよね。あの馬油かなり万能なんです!べたつくイメージがあると思うのですが、あっという間に皮膚に浸透してサラサラになりますよ。今日は馬油についてお話します。

馬油の主な特徴

一番の特徴は、強力な浸透力です。人間の皮脂と似た成分のため、肌の角質層にまで浸透します。皮脂には、細菌を肌の奥にまで入り込ませないようなバリア機能があるため、肌荒れを起こしにくくなります。塗ったときはべたつきますが、3分くらいすると皮膚の奥に浸透するので表面はサラサラになりますよ。

血行促進効果もあります。馬油を塗ったところは血流がよくなるので新陳代謝もよくなります。顔に塗れば、肌がワントーン明るくなりますし、シミをとる効果もあるそうですよ。筋肉痛を起こしている部分に塗ると治りも早いです。

熱を取り去り、炎症を鎮める効果があるので、馬油はもともとやけどの傷や傷痕にとても効果を発揮するものとして有名でした。こういった作用から、やけど以外でも、傷やかゆみなどの炎症にとても効くそうです。また、薬と違って副作用がないので、誰でも使用することができます。

馬油の効果

馬油は先ほども言いましたが浸透力がとても強いです。普通の化粧品などは肌の奥にまでは入っていかないのですが、馬油は角質層まで浸透していきます。つまり、馬油を塗ると角質層までの道すじができるので、次につけた化粧品が肌の奥にまで入っていってくれるのです。普通化粧品を肌の奥にまで浸透させるには、美顔器や超音波などでやる必要があるのですが、馬油はただつけるだけで同じ効果を発揮してくれます。

血行促進作用から、馬油を塗った部分の皮膚の新陳代謝があがります。シミのあるところに少し多めにつけて、マッサージすると3週間ほどでシミが薄くなったという声もあります。肌のターンオーバーが早まれば、ニキビ跡などの傷跡が消えるのも早くなりますし、目元のくすみなどにも有効です。血行が悪いためにおこる肩こりなどにも効きます。

シミがとれて美肌効果もあり、肩こりにも効くなんてほんと万能ですよね!次は、馬油の使い方です。

馬油の使い方

化粧品の浸透力を高めるため、基本的には洗顔後すぐの肌に塗り、そのあと化粧水から始まる普段のスキンケアをします。とても伸びがいいので少し濡れた肌に米粒2粒くらいで大丈夫です。3,4分すると浸透して肌表面がサラサラになってきますので、そうなってからスキンケアを始めましょう。

スペシャルケアとして、顔にさくらんぼ大くらいの馬油をたっぷりぬり、湯船につかるとかなりプルプルの肌になります。その後洗顔しても突っ張ることがないので、乾燥知らずです。ほかにも、たっぷり馬油を塗りスチーマーをあてるとか、ホットタオルをのせてもうるうるの肌になりますよ。

私は、洗顔後にたっぷり馬油を塗り、軽くマッサージをしてからティッシュで押さえ、その後にスキンケアを開始します。これをするようになってから、目に見えて肌がきれいになりました。友達やお客さんからも、化粧品何使ってるの?とよく聞かれるので、馬油ですって言うんですが、おばあちゃんみたいと絶対言われてしまいます(笑)でも効くんですよ!!

馬油の定番!ソンバーユ!

↓↓私は馬油を配合したこのクレジングと石鹸のセットも使ってます↓↓


>>> 馬油クレンジングの詳細はこちら

やはり昔から売れているものにはそれなりの効果があるんですね~。高い化粧品を使う前に、安い馬油をぜひ試してみてください。

関連記事

プロフィール


美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。