美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

デメリットばかりじゃない!レーザー脱毛でしみが解消することも

投稿日:2017年7月28日 更新日:

レーザー脱毛でしみが解消!?

「しみがある部分へのレーザー脱毛施術は出来ない」というのが率直な結論な一方で、しみの濃さによっては、レーザー脱毛でしみが解消することもあるんです。
どういうこと???と疑問に思ってしまう人もいると思いますが、しみがある部分でも施術が出来る環境が整っていればむしろしみに有効といえるんです。

リスクはないの?レーザー脱毛でしみが薄くなる理由

しみがある部分へのレーザー脱毛は、そのしみが余計に濃くなってしまうことがありますが、場合によってはそのしみが薄くなってくれます。

これは、レーザー照射によってお肌の奥に人工的にダメージを与えます。
すると、お肌の奥にあるメラニン色素に反応し、肌のターンオーバーが急激に促進されます。
また、レーザーが持つ熱ダメージによって色素沈着している部分が破壊され、それがターンオーバーによってお肌の外へと排出されていくので、結果としてしみが解消するのです。

薄いしみならレーザー脱毛でOK???

とはいっても、リスクが0ではないですし、薄いしみであれば医療レーザー脱毛でそのまま照射してしまってOKということでは、ありません。

「アレキサンドライトレーザー」というレーザー脱毛機器があります。
このレーザー脱毛機器は、美容外科クリニックや脱毛を扱っている皮膚科など多くで取り扱われている機器で、元々は皮膚疾患の治療のために開発されたレーザー機器でした。

しみ治療専門のレーザー機器ではないため、しみを解消するには時間が掛かったり、しみによっては照射は出来てもしみを完全になくすことが出来ない場合もあります。
しかし、薄いしみがある部分をレーザー脱毛する場合は、アレキサンドライトレーザーならしみが薄くなる可能性があるため、このレーザー機器を導入しているクリニックがお勧めといえます。

しっかりしたカウンセリングと経験と実績を積んでいる医師を選ぶ

医療レーザー脱毛のレーザーを照射すれば、ムダ毛は必ずなくなりツルツルの肌を手に入れることが出来ますが、これはあくまでも「何もトラブルなく順調に継続して照射を行えた場合」に限ります。

医療レーザー脱毛の施術については、出力を調節する医師の加減にもよります。
濃いムダ毛ほど出力を上げて照射していきますが、腕のいい医師なら「ムダ毛が濃いから出力は強め」といった判断をしません。

経験を積んでいる医師であれば、肌のコンディションを見ながら照射出力を決めるため、照射したい部分にしみがある場合は、そのしみの状態、濃くて無理ならシールなどでしみをカバーしてレーザーが当たらないよう配慮したり、カミソリ負けなどでお肌が荒れている場合はムダ毛が濃くても出力を下げるなど、施術を受ける人がトラブルに見舞われないようきちんと配慮してくれます。

医療レーザー脱毛の施術は医療行為ですから、特にしみがある部分を脱毛するのであれば、やはり医師の見る目と技術が必要になります。
そもそも医療行為自体が、医師の腕に掛かっているのですから、当然のことといえば当然といえます。

とはいえ「腕がいい医師を探す」というのは、なかなか難しいものがありますから、カウンセリングを受けている時などに「その医師と相性が良さそう」という好感度があれば、その医師でもいいかもしれません。
やはり、医師との相性は大事です。
相性はいいがすごく下手な医師でも困りますが、そういった極端なこともあまりないと思いますから、きちんと話を聞いてくれたりコミュニケーションが取りやすいような医師との相性も見てください。

長い間自己処理を重ねている人は要注意!?

しみの状態によっては医療レーザー脱毛を行えることがお分かりいただけたと思いますが、長い間自己処理を続けていた人は、ちょっと要注意かもしれません。

自己処理を続けてしまうと、カミソリ負けや毛抜きでの脱毛によって過剰な刺激を受けたお肌に、色素沈着の後や埋没毛などが見られることも多いと思います。
色素沈着を起こしている毛穴については、レーザーが過剰に反応してしまうこともあり、部分的に照射が出来ずにその部分だけムダ毛が残る・・・なんてことも、十分にあります。

「しみ」というと部分的にあるイメージも強いですが、自己処理を続けているお肌の表面は、全体的にしみが出来てしまっている状態も多く、その部分にレーザーが過剰に反応してしまうと、やけどのような状態になったり、しみが濃くなってしまうことがあるので、日常的に自己処理を行っている人は、美白効果が期待できるボディークリームを使うのもいいですね。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2017 AllRights Reserved.