美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

医療レーザー脱毛でしみが出来た!?レーザー治療は続けていいの?

投稿日:2017年7月28日 更新日:

医療レーザー脱毛でしみが出来た!?

医療レーザー脱毛の施術を受けて、「これを続ければもうムダ毛と永遠にさよなら出来るー!」と、施術が全て完了する日をワクワクしながら待っている女性もいるでしょう。
しかし、脱毛施術後しばらくしてから、なんかしみみたいになってきた・・・!?という人がいるようです。

実はそれ、「医療レーザー脱毛によって起きた色素沈着」なんです。

美容外科クリニックや皮膚科などで利用されている医療レーザー脱毛機器は、実はその出力がとても強く危険なもの。
ですから、医師免許を持つ人が調節・施術できるといったように法律でも決められていて、「医師免許のある人だけが扱える」のです。

ですが、レーザーの特性上、人によては皮膚が軽くやけどをしている状態になる場合があるのです。
レーザー照射の施術を終えてしばらくすると、炎症を起こしてしまうこともあり、ある意味これが起きて当たり前ともいえるのですが、何度か施術を受けていくうちに平気になっていきます。
もし、炎症を起こしてしまっても、レーザー脱毛施術後に軟膏を処方してもらえるので、それを毎日きちんと塗って、炎症を落ち着かせていくのですが、起こしている炎症の状態がひどい場合、それが色素沈着を起こしてしまい、しみのようになってしまうのです。

出力が強すぎると色素沈着を起こす

医療レーザー脱毛を行う場合、しみを避けて照射したり薄いしみがある場合はそのまま照射したりと、クリニックなどによっても照射方法に違いがありますが、出来るだけお肌に負担なく脱毛施術ができるように、出力はある程度下げるなど調節してくれます。

出力が強すぎる場合、やけどをしているような状態になりお肌が炎症を起こします。
人によっては強い痛みを感じる人もいます。
この場合、色素沈着を起こしてしみのような跡になってしまうことがあります。

時間が経つごとに徐々に薄くなる

もし、脱毛施術後に炎症を起こして色素沈着を起こしてしまった場合であっても、時間が経過していくごとに段々と薄くなっていって最終的に元通りの肌色のお肌に戻ることがほとんどです。
ですが、中には出力が強すぎてやけどしたような状態からそのまま薄いしみのような状態で残ってしまうこともあるようです。

医師が出力を調節してくれたり、濃いしみに照射されないようシールを貼るなど対処してくれますから、しみ部分がやけどを起こすことはまずないと考えてもいいですが、照射出力の加減によって色素沈着を起こしてしみのようになることを覚えておきましょう。

医療レーザー脱毛の照射は、医療行為です。
ですから、申し込みをしてクリニックに行ってすぐそのまま施術に入るといったことはまずありません。
必ず、事前にお肌の状態を診るなどのカウンセリングが行われています。

通うと考えている美容外科クリニックのホームページやネット検索で「口コミ」を検索してみてください。
口コミは、割とリアルなことが書いてありますから、その効果から危険性、失敗談なんかも見つけることが出来ますので、ご自身で事前によく吟味してからクリニックを選んでください。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2017 AllRights Reserved.