美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

しみがあるけど脱毛したい!脱毛施術は可能なの?

投稿日:2017年7月28日 更新日:

どうしてもレーザー脱毛したい!!

しみがあるけどその部分をレーザー脱毛したいという女性もいるでしょう。
非常に濃いしみの場合は、やけどの可能性があるため断られてしまうこともあるかと思いますが、どうしてもその部分を脱毛したい場合は、ある程度までしみを美白しなければなりません。

美容外科クリニックなどでは、しみに対してのレーザー照射治療があります。
そのようなものを利用したり、普段からご自宅で美白ケアをするといった方法で、少しでもしみを薄くする努力が必要になってきます。
ですから、メラニン色素が濃く出ているしみを薄くした状態でのレーザー照射であれば可能になることもあります。

しみへの照射もOKな機器を導入しているクリニックを探す

また、レーザー脱毛を取り扱っている美容外科クリニックなどの場合、しみ治療としてレーザー照射を導入しているクリニックもあります。
しみがあってもレーザー照射が出来るところもあるので、それらも一緒に扱っているクリニックを探すといった方法もあります。

医療レーザー脱毛でしみが薄くなることもある

医療レーザー脱毛に使用されるレーザー照射でしみが薄くなった人もいます。
レーザーは、真っ直ぐ一直線に進む性質がありますが、それが真皮層の深くまで届くので、お肌の新陳代謝が活発化してターンオーバーがされてお肌からメラニンを排出、結果としてしみが薄くなるというものです。
また、しみ・そばかす治療のために開発されたレーザー機器もあります。
こういったものを導入しているクリニックもあります。

どういう機器が使われているの?

しみ治療などに利用する医療レーザー脱毛機器は、「アレキサンドライトレーザー」といったものが使われていることが多くあります。
ホクロ除去の治療にも使われることがありますが、凹凸や面積の大きいホクロに関しては、レーザー治療ではなく、状態によっては切除などになることもあります。
また、残したいホクロについても「ここは照射しないでください」といえば対応してくれます。

ただし、ホクロについては、黒かったホクロの色素が薄くなりそれが段々しみに見えてきてしまうといったことがありますから、「照射すればホクロが消える」と安易に考えず、カウンセリングの時点で不安であれば必ず相談しましょう。

基本的には「ムダ毛の脱毛」のための危機

医療レーザー脱毛機器は、しみも薄くなったり消えたりしますが、そもそもは「永久脱毛のための機器」であるため、脱毛のついでに・・・といった軽い感覚は捨てた方がいいと思います。
そもそも、医療レーザーは医師免許を持つ人が扱える機器になります。
先ほどお話した、レーザーの特性についてですが、フラッシュ脱毛と違い、レーザーは拡散せず真っ直ぐ一直線に進むため、お肌の真皮層まで届きます。

機器の出力を調節してレーザー照射を行いますが、出力が強すぎた場合、やけどをしてしまうことがあり、実はとても危険な医療機器なのです。
ですから、医師免許を持つ人がいる美容外科クリニックや皮膚科などでのみ扱いがあるのです。

もし、脱毛サロン・脱毛エステといったような、医師免許を持たない人が施術を行った場合は、これは違法行為になります。
ですから、医療レーザー脱毛の施術は、病院やクリニックのみとなるのです。

肝斑(かんぱん)には要注意!

しみには、濃い・薄い、小さい・大きいといったいくつか種類がありますが、しみの中でも「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるしみは要注意です。
肝斑については、レーザー照射をしてしまうと、しみがレーザーに反応してしまい、しみが余計に濃くなってしまうからです。

ただのしみなのか肝斑なのか、素人ではなかなか区別がつきづらいです。
肝斑かと思ってそれ専用の薬を飲んだが効かなかった、後で皮膚科に相談に行ったら肝斑じゃなかった・・・なんてこともあります。

ご自身でただのしみなのか肝斑なのか区別できない場合も、事前にカウンセリングでしっかり見てもらってください。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2017 AllRights Reserved.