美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

レーザー脱毛をしたいのにしみが!これでも施術は可能なの?

投稿日:2017年7月28日 更新日:

医療レーザー脱毛としみの関係

今ではすっかりお馴染みになった「医療レーザー脱毛」ですが、全身脱毛が出来る一方で、お肌の条件によっては施術が出来ないことも。
特に、お顔にしみがある場合は、レーザー脱毛が出来ないとよく言われていますがレーザー照射をするとしみが薄くなる・濃くなる、なんて話もあります。
ここでは、医療レーザー脱毛としみの関係についてお話していきます。

しみの濃さによって変わる

お顔や背中など、しみのある部分に医療レーザー脱毛を行えるかどうかについてですが、これはそこにある「しみの濃さ」によって違ってくるようです。
医療レーザー脱毛のレーザーは、その特性上まっすぐ前に進むため、メラニン色素に反応します。
ムダ毛の毛根部分の黒い色に反応しますが、しみについては、メラニン色素が濃く出ているしみについては、医療レーザー脱毛を行うことが出来ません。
ですから、しみが薄ければ施術が可能、濃ければ出来ないといったように判断されます。

どうしてダメなの?

濃いしみほどレーザーが反応するからしみも消せるのでは・・・と思う女性もいるかもしれませんが、医療レーザー脱毛を行うことが出来ない理由としては、ムダ毛の毛根だけではなくしみにも強く反応してしまうため、しみのある部分がやけどしてしまう可能性があるのです。

特に、ホクロのように黒く濃いしみには施術が出来ません。
その部分をレーザー脱毛する場合、可能な状態であれば、レーザーが反応しないようにしみの部分にシールを貼って、その部分以外にレーザー照射をして脱毛を行ったりもします。

クリニックによって違う

どの程度のしみまでならレーザー照射が出来るのかは、脱毛クリニックなどによって異なります。
クリニックによって導入しているレーザー脱毛機器も違いますし、医師の判断も違います。
きちんとしているクリニックの場合、必ず事前にカウンセリングを行っています。
しみの濃さがどの程度なのか、レーザー照射しても大丈夫なのかなど、コンディションを見ながら照射してくれるので、きちんと説明を聞いて下さい。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2017 AllRights Reserved.