美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

塗れば塗るほど崩れちゃう!?上手なメイク直しの方法

投稿日:

崩れないベースメイク

メイクで一番肝心なのは、眉でもマスカラでもアイシャドウでもありません。
メイクで最も重要なものは「ベースメイク」です。

ベースメイクがきちんと出来ていることで、お肌が綺麗に見えて明るい印象になるため、清潔感がある好感の持たれるメイクを作りやすくなります。

さて、ベースメイクの作り方ですが、朝のスキンケアをきちんと行った肌へ施します。
出来れば夜と同じくらい丁寧にスキンケアをしてあげましょう。
ベースメイクは、化粧下地→ファンデーション→仕上げのパウダーといった順番でお肌に重ねていきますが、化粧下地は、皮脂を吸着する効果のあるものを選ぶのが理想的です。

とはいえ、乾燥肌や敏感肌の場合、このタイプの化粧下地を使うとお肌がつっぱる場合があるため、皮脂の吸着効果はそこまで意識する必要は、ありません。
お肌に合う化粧下地を使いましょう。

化粧下地を塗り過ぎない

実は、化粧崩れの原因の多くは、化粧下地の塗りすぎにあるのをご存知でしょうか。

メイクのもちを良くしたいからとしっかり塗る人がいますが、実はこれが逆効果。
返ってメイクがよれてしまい、化粧直しもしづらくなってしまうため、化粧下地は、お肌に均一になるよう薄くお顔に伸ばす程度で十分なのです。

夏でもリキッドファンデーション

もちろん肌質にもよりますが、乾燥肌が気になる場合は、夏でもリキッドタイプのファンデーションがお勧めです。

リキッドタイプだと崩れる、テカる、よれるといった場合、これはリキッドファンデーションを塗りすぎている場合が多くあります。

ファンデーションは、どのタイプにおいても「薄く塗る」のが必須です。

これは、薄く塗ることで、メイクが崩れてしまってもササッとメイク直しが出来るためです。
ファンデーションを厚塗りした肌は、確かにシミなどを隠すことは出来るものの、長持ちしないのです。

若いうちはどんなに厚塗りをしても、肌自体が綺麗なのでメイク崩れが気になりませんが、あなたがある程度年齢を重ねている場合は、厚塗りは禁物です。

薄くファンデーションを塗ったメイクは、崩れてもティッシュでテカリが気になる部分を軽く押し当ててオフした後、パウダーで仕上げればいいだけなのです。

ティッシュオフした際、お肌が見えた場合は、上から薄ーくファンデーションを指の肌を使ってトントンと優しく馴染ませたら、フェイスブラシを使ってパウダーをササッと塗るだけで終了です。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2018 AllRights Reserved.