美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

メイクもちは朝が勝負!スキンケアで崩れ知らずの肌作り

投稿日:

いつも化粧崩れしてしまう

どうしてもメイクが崩れてしまうという人は、まずは朝のお肌のコンディションをチェックしてみましょう。

朝の洗顔のやり方ひとつで随分と変わってきます。

朝起きて、おでこや鼻などのTゾーンが脂っぽくベタベタしている場合は、洗顔フォームを使って洗いましょう。
ベタベタしているが気にならないという場合や、特にベタつきが見られない場合は、体温より少し低い程度の温度のぬるま湯でパシャパシャと洗い流します。
後者の場合、洗顔フォームを使う必要は、ありません。

朝は、眠っている間に出た皮脂でお顔が覆われていますから、脂性肌の人でなく乾燥肌・敏感肌だという場合は、朝はぬるま湯洗顔で十分です。

冷蔵庫で冷やした収れん化粧水を

洗顔が終わったら、次はスキンケアです。
お肌をきちんと引き締めるため、収れん化粧水を使うのがお勧め。
収れん化粧水は、冷蔵庫で保管している人も多いですが、その保管方法で正解です。

収れん化粧水は、お肌を引き締める効果があるといわれていますが、それを冷蔵庫で冷やしながら保管することで、冷たさの相乗効果で毛穴がキュッと引き締まりお肌のキメが整います。

収れん化粧水は、コットンにたっぷりとって、優しくお肌に押し当てながら馴染ませましょう。
パッティングは、お肌への刺激になるため、優しく押し当てるように馴染ませるのがポイントです。

収れん化粧水は、手に直接取るのではなく、コットンを使いましょう。

収れん化粧水→化粧水

収れん化粧水を使ったら、化粧水の出番です。
収れん化粧水は、引き締め効果を期待して使用するため、次には必ず化粧水を使ってください。

化粧水も、数回に分けてお肌にしっかり水分補給をします。
手のひら全体を使ってたっぷりとしっかり化粧水を馴染ませます。
時間がある場合は、コットンパックをするのがお勧めです。

乾燥肌の人は乳液で保湿を

化粧水をつけた後にメイク下地を塗る人も多いと思いますが、乾燥肌の人は、必ず乳液を使ってお肌をしっかり保湿しましょう。

また、このときの乳液をしっかりとお肌に馴染ませなければ、メイクがよれてしまう原因になるため、少量ずつ手に取り、丁寧に均一に塗りしっかりお肌に浸透させます。

この後10分程度置いて完全に乳液をお肌に馴染ませるのが理想的ですが、朝の時間がないときは、乳液をきちんとお肌に馴染ませてから、ティッシュを軽く当てて余分な乳液をオフしてください。

この後に、お顔の表面に薄く均一にメイク下地を塗ったら、ファンデーションもまた均一に薄く塗りましょう。

ファンデの塗りすぎは厳禁

ファンデーションは、厚塗りになるほどお肌の粗が目立つため、薄塗りが基本です。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2018 AllRights Reserved.