美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

意外と知らない?「薬用化粧水」ってどんな化粧水?

投稿日:

「薬用化粧水」という化粧品があるのをご存知かと思いますが、実際に、薬用化粧水とはどのような化粧水のことをいうのか、ご存知ない方もいらっしゃるのでは?

薬用化粧水

「薬用化粧水」とは、医薬部外品として認められた化粧水のことをいい、

  • 一般化粧品
  • 医薬部外品(薬用化粧水)

といったように、法律によって分類がされています。

「一般化粧水」というのは、私達の身体への作用が緩やかなもので、お肌を保湿したり保護する効果が期待できるものとされています。

次に「医薬部外品(薬用化粧品)」ですが、これは一般化粧品と医薬品(治療を目的としたもの)の中間に位置している化粧水で、美容というよりも肌トラブルの予防を目的として作られている化粧品です。

スキンケアに適した化粧水

薬用化粧水は、医薬部外品に属す化粧品であるため、お肌の悩みを予防することを目的として、毎日のスキンケアに使う化粧品として最適といえます。

とはいえ、薬用化粧水も色んな種類のものがありますから、ご自身のお肌の悩みに合ったものを継続して使うのが理想的です。

沢山使っても意味がない?

薬用化粧水を使用する場合、使用方法などに記載されている量を守って使うのが効果的です。

手に直接取って使用する場合と、コットンにつけて使用する方法がありますが、出来るだけ、使用方法などに記載された使い方をしましょう。

手でつけた方がお肌にはいい

一般的には、化粧水をつける際は、手のひら全体を使うことでお肌への負担が少なくて済むといわれていますが、これはコットンの刺激がないことや、手のひらを使った方が、お肌の表面に化粧水をムラなくつけることが出来るためだといわれています。

まずは目安量から使用を開始する

「化粧水はお肌にたっぷりと使う」という話もありますが、薬用化粧水の場合は、まずは一回の目安量から使用するのがお勧めです。

お肌が慣れてきたところで、量を調節するのもいいですが、目安量というのは、化粧水がお肌の角質層まできちんと浸透してお肌を潤すことが出来るようきちんと計算されているものなので、特に「化粧水は何を使っても合わない」という人は、最初から大量に使用せず、まずは目安量から始めてみましょう。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2019 AllRights Reserved.