美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

30歳をすぎたらつけまつげは卒業すべき??アイメイクと目元ケア

投稿日:

年齢肌のファンデーション選び

女性なら、いくつになっても美容を維持していたいもの。
綺麗なままでいたいと思うのは、女性なら誰もが思う当たり前のことなのです。
しかし、美しく見せるための毎日のスキンケアはもちろん、化粧品も年齢肌に合わせたものを必要があります。
化粧品は、毎朝・毎晩使用するスキンケア化粧品、メイクに使うメイクアップ化粧品がありますが、お肌に合うものを使い続けることで素肌美を保つことが出来るようになります。
お肌のお手入れに欠かせないのがスキンケア化粧品、女性といえば特に欠かせないのがファンデーションなどのメイクアップ化粧品。
このメイクアップ化粧品の選び方を間違えてしまうと、年齢より老けてみえてしまったり、お肌の粗が目立ってしまったりと美しく見えません。

年齢を重ねていくと、20代の頃のようにアイメイクを濃くしてしまうと余計に目が小さく見えてしまったりと、美しく見せたくて施したメイクが実は逆効果といったことも少なくありません。

30代からはつけまつげ卒業?30代からのアイメイク

20代の頃は、バサバサのつけまつげをしてもいいでしょう。
目が大きく見えますし、色々なアイメイクを楽しむことが出来ます。
しかし、これが30代ならどうでしょう。
何だか滑稽にも見えてしまいますし、20代の頃とずっと同じメイクをしているんだろうな・・・というのが見て分かる人もいますよね。
メイクは、女性を美しくみせるための道具ですから、マイナスに見えてしまっては意味がないのです。

つけまつげは、30代になっても卒業する必要は、ありません。
しかし、20代の頃のようにこってりしたバサバサのつけまつげであれば卒業しましょう。
30代でつけまつげを使用したいのであれば、控えめなつけまつげを。
30代の目元を華やかに魅せたいのであれば、反対にこの程度のつけまつげが効果的なんです。

30代を過ぎると、目元に影が出来やすくなってきます。
これは、あまり普段は違いが分からないと思いますが、まぶたや下まぶたが下がってきて影が出来てしまうというもの。
そこにこってりしたつけまつげを付けてしまうと、目元に余計に影が出来てしまって帰って老けてみえてしまうのです。
また、つけまつげはまぶたのたるみの原因にもなりますから、あまり重たいつけまつげは長時間付けない方がいいのです。

若い頃と違って、30歳を過ぎたらナチュラルメイクをした方が、女性は美しく見える者なのです。

アイメイクに流行色を使ったり、濃い目のカラーを使う場合は、ぼかすように淡くメイクをほどこすことで品のあるメイクに仕上がります。
ここに控えめなつけまつげをプラスすることで、ナチュラルながらも目力のあるアイメイクが完成するのです。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2019 AllRights Reserved.