美人生活では、コスメ・ダイエット・ヘア・ネイル・恋愛などに関する情報を発信する女性向けのブログです。美を追い求める生活を送りたいと方に役立つ情報をまとめています。

美容

シミを増やさない!きれいな色白肌を作るためには?

投稿日:

毎日浴びる紫外線

そんな生活の中で、出来るだけシミを作らないようにと欠かせないのが美白効果のある基礎化粧品ですね。
美白化粧品の効果といえば、メラノサイトへ直接アプローチしてメラニンが作られるのを防ぐ、お肌のターンオーバーを促進してメラニンをお肌の外へ排出する、そして、メラニンの色を薄くしていくという部分に効果を発揮してくれます。

毎日きちんとケアしているつもりでも、どうしてもシミは出来てしまうもの。
ですが、美白化粧品を使うことで、今あるシミを薄くすることは出来るようです。
とはいえ、シミが出来る前の白い肌に戻せるのかというと、そうではないのです。
シミを完全に消すというのは、特に市販の基礎化粧品では難しいと考えてもいいかもしれません。
ですから、シミが出来てから対策を取るのではなく、シミが出来てしまう前の予防として、普段から美白化粧品を使うのがいいでしょう。
もし既に薄いシミが出来てしまっていたら、その部分は特に念入りに美白ケアを行ってあげましょう。

メラニンは蓄積されていくもの

そもそも、私達のお肌の中には、メラノサイトという細胞が存在していますが、これは、お肌を紫外線などの外部刺激から守る役割を果たしてくれています。
ですが、このメラノサイトがメラニン色素を作り出すものでもあります。
もし、メラニン色素を必要以上に作り出してしまうと・・・そうです、メラニン色素がお肌の外にきちんと排出されることなくお肌に停滞してしまう、これがシミの原因なのです。

メラニン色素は、すぐに蓄積されていくものでは、ありません。
子供の頃から浴びてくる紫外線。
これが、長い年数を掛けて蓄積され、30代半ばを迎える頃になると、お肌の衰えを感じてくる時期に差し掛かりますが、この時期に、これまで蓄積されてきたメラニン色素がシミとなってお肌の表面に現れてくるのです。
健康の為に日差しに当たることは当然必要ではあるものの、紫外線対策をせずに浴び続けてしまうことで、それが蓄積され、お顔だけでなく、紫外線を浴びた身体の肌を老化させていってしまいます。

大切なのはメラニンを増やさないこと

今、鏡を見てもシミが見当たらないからといって、油断をしてはいけません。
目で見る限りお肌にシミがなくても、お肌の内側には、シミの予備軍であるメラニンが潜んでいます。
お肌のターンオーバーが正常であれば、不要になった古い皮膚と一緒にメラニンがお肌の外に排出されますから、シミになることは、ありません。
毎日の美白ケアに加えて、出掛ける前のUVケアを続けながら、出来るだけストレスが少ない生活を送るように心掛けてみましょう。
ストレスは、お肌のターンオーバーを乱してしまう原因にもなりますから、ストレスを感じたら上手く発散する方法を見つけてみるのもいいですね。

女性ホルモンが増えるとシミが増える?

メラニン色素というのは、表皮のメラノサイトで作られています。
妊娠を経験したことのある女性の中で、妊娠中にシミが増えたと感じたことのある女性もいるかもしれません。
ですがこれは、妊娠をしたことで色素細胞(メラノサイト)が増えたということでは、ありません。
妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増えるのですが、これが妊娠中にシミが増える原因なのです。
分泌量の増えた女性ホルモンは、メラノサイトの活動を活発化させてしまうことから、妊娠中にシミが出来やすくなる、という訳です。

ですが、あくまでもこれは女性ホルモンの影響からくるシミです。
出産を終えてから、時間が経つごとにホルモンの数が戻ります。
ですから、妊娠中に出来てしまったシミも、ホルモンが正常に戻れば自然と薄くなっていきますから、そこまで神経質になる必要は、ありません。

とはいえ、妊娠中で女性ホルモンの影響でシミが増えてしまう他にも、日常生活を送る上でUVケアをしないまま外出してしまえば当然、しばらく経過してからシミとなってお肌に現れます。
この場合は、紫外線の影響によって出来てしまったシミですから、出産を終えた後でも薄くなることはありませんから、日焼け止めをきちんと塗るなどして紫外線対策をするのを忘れないように気を付けてください。

-美容

Copyright© 美人生活 , 2018 AllRights Reserved.